ホームボタン
緑が鮮やかな緑茶は、カテキンを多く含んでいます

緑が鮮やかな緑茶は、カテキンを多く含んでいます

緑が鮮やかな緑茶は、カテキンを多く含んでいます。


カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂ることができれば、表皮にメラニン色素が残り、シミができることをすごく抑えることができます。
入社三年目位までは若いというだけで食事に誘われていたものですが、アラサーってダメですよね。あるとき鏡を見て愕然としました。

法令線が出る年齢ではないはずなんですけど、シワかな、とにかくクッキリで、目の下がなんだか青いんです。乾燥シワも目立っていました。

ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。



スキンケアの時間や費用って、純粋に自分のためのものです。
美容に時間をかけていると、気もちも肌もリセットされていくのです。十年後に後悔しない、ずっときれいな肌でいるためのお手入れをかかさないようにしようと思ったんです。年々深まっていく、肌のしわが気になってきて、仕方がありません。
中で持つくづく困り果てているのが目尻にできたくっきりした笑いじわです。



目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、ここのケアは入念に行っているつもりではありますが、皮膚が薄いと言う事は、乾燥に弱いと言う事でもありますから、クリームを塗り重ねたりして、何よりも保湿を大事にするように自分に言い聞かせています。女性特有のニキビを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンのバランスの崩れが影響しています。


女性ホルモンのバランスは、ストレスをうけるとすぐに乱れてしまうと知られています。

また、特に生理の前は女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。

ニキビに悩まされる女性が増えるのも実はこのホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)の乱れが引き金となっているのです。毎日洗顔などで清潔な状態にしていても、ニキビができることは誰しも感じることがあるでしょう。

このニキビの予防法には、洗顔などで清潔を保つのは当然のこと、栄養の豊富な食べ物をとりしっかり睡眠するといった健康管理も大切ではないかと思います。


洗顔は1日に何回するのがベストなのかわかっていますか。答えは1つ、朝と夜の2回です。これより多くの回数の洗顔をすることは肌をダメにしてしまう原因になってしまいます。


何回もすれば多い分きれいになるのではなく、最高2回までというのが美肌への道のりなのです。

近年では、オールインワン化粧品が十分に定着しましたね。その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、各社とも惜しみない力を注いでいるようです。

成分としましては、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドという肌の保湿に関連深いものが少なくありませんが、アスタキサンチン(カニやエビ、鮭やいくらなどに豊富に含まれています)に話題が集中していることもあり、赤い色の若返り化粧品が増えつづけています。



スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にふと思いついたことがあります。

肌が柔らかい状態でいる場合しわも中々できにくいのではないでしょうか。目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。


何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。肌のシミへの対応には、体内の状態を考慮することも重要です。
例としては、ビタミンCには美白効果があるというのですが、イチゴ、レモン、パセリ、ブロッコリーなどにたくさんふくまれているんですね。一方、乾燥で肌がカサカサになってくるとシミになる可能性が高くなるので、コラーゲンをたくさんふくむ、牛スジとか鶏皮、豚骨、うなぎを食べるのがいいでしょう。また、食生活においては、シミのことだけを考えるのではなく、様々な栄養素を体に摂り入れることを考えるのもポイントです。乾燥肌のため、スキンケアにはオイルのものを使用する事にしています。



オイルを使用してマッサージをしたり、オイルパックを利用したり、また、クリームを塗る変りに普段からオイルを使用する事にしているので、乾燥しづらい肌になりました。


いつでもつるつるの肌になれて大変嬉しく思います。
Copyright (C) 2014 肌トラブルでスキンケア! All Rights Reserved.